×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テニスラケットの選び方

テニスラケットについては、よく「自分に合ったラケットを選ぼう」と言われますが、各メーカーから様々な種類のラケットが発売されていて、ラケット選びは楽しいながらも一苦労と言えるのではないでしょうか。特に、初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)のうちは、「自分に合った」と言われても、どんなものが自分に合っているのかわからないという方がほとんどでしょう。

ラケット選びの前に、いくつか知っておきたいポイントがあります。

長さ→長いラケットは高い打点で打てるのでパワー(強いほど弱い人への配慮が必要となるでしょう)あるプレイに繋がる。
短いラケットはボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)を正確にとらえやすいと言った利点あり。

面(フェイス)の大きさ→大きい方が、ボール(大会などで使うものが規定で決まったいるのならそれと同じものを、そうでなけれね許される範囲で自分に合ったものを使いましょう)を拾いやすい。小さい方が、コントロール性が高い。

重さ→重い方が、強く攻撃的なボールを打つ事が出来る。軽い方が、動きやすくボレーやネットプレイに適している。

硬さ→軟らかいものは、スウィートスポットを外してもボールが飛びやすく初心者から中級者向け。硬いものは、スウィートスポットに常にあてられる上級者向け。

グリップのサイズ→太いとパワー(車の場合、強いほど燃費が悪くなってしまう傾向にありますし、自動車税なども高くなってしまうでしょう)のあるボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)を打ち出しやすいが太すぎると落としやすさにつながる。細いものは、使用後にでもオーバーグリップテープ(昔は音楽や画像を録るのに使ったものですが、最近はデジタルが主流になっていますよね)を巻いてすぐに太くできるので失敗することがない。

などなど他にもたくさんのポイントがあるはずです。初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)で特徴が分からないとデザインで選びがちになりそうですが、使いやすさが上達にも影響してきます。これらのポイントを頭に入れて選びたいになるはずです。

ラケットの選び方

よく「自分に合ったラケットを選ぼう」と言われますが、各メーカーから様々な種類のラケットが売られていて、ラケット選びは楽しいながらも一苦労ですよね。特に、初心者(それほど上手じゃないのに教えたがる人には注意が必要ですねのうちは、「自分に適した」と言われても、どんなものが自分に合っているのかわからないという人がほとんどだと思います。

ラケット選びの前に、いくつか知っておきたいポイントがありますね。
・長さ→長いラケットは高い打点で打てるのでパワー(強いほど弱い人への配慮が必要となるでしょう)あるプレイに通じる。

短いラケットはボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)を正確にとらえやすいという利点あり。
・面(フェイス)の大きさ→大きい方が、ボールを拾いやすい。小さい方が、コントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)性が高い。
・重さ→重い方が、強く攻撃的なボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)を打つことができる。

軽い方が、動きやすくボレーやネットプレイに適している。
・硬さ→軟らかいものは、スウィートスポットを外してもボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)が飛びやすく初心者から中級者向け。

硬いものは、スウィートスポットに常にあてられる上級者向け。
・グリップのサイズ→太いとパワー(強い方がいいですが、あまりに強すぎると制御がきかなくなってしまう可能性もあるかもしれません)のあるボールを打って出しやすいが太すぎると落とし易さにつながる。

細いものは、使用した後にでもオーバーグリップテープを巻いてすぐに太く出来る為失敗することがない。

などなど他にもたくさんあるポイントがあります。初心者で特徴がわからないとデザインで選びがちになりになるかもしれませんが、使いやすさが上達にも影響してきます。これらのポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)を頭に入れて選びたいかもしれませんよね。