×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テニス初心者のグリップ

テニス初心者の方はグリップといってもピンとこないかも知れませんが、テニスの世界で「グリップ」と言うと、一般的には、どのようにラケットを握るかということです。初心者(それほど上手じゃないのに教えたがる人には注意が必要ですねの方は、この握り方で迷う方が多いと思います。

グリップがプレースタイルを決めると表現しても過言ではありません。それぞれの握り方には一長一短がありますので、初心者(何事にも初めてということはありますが、とにかく素直に教えを請うのが一番でしょう)の方は、まず特徴を知った上で選ぶことをオススメします。

グリップには、次の四つの種類があるのです。

【イースタングリップ】
硬式で使われている。最も基本的な握り方。ガットにてのひらを当て、そのままグリップのところまで滑らせて握る。フォアハンド、バックハンドに適している。

【コンチネンタルグリップ】
包丁を持つように握る。バックハンド(ダブルハンド)、ボレーに適している。

【ウェスタングリップ】
軟式で使われている。ラケット面を上向きにして地面にを置き、グリップを真上から握る。フォアハンドに適している。

【セミウェスタングリップ】
プロがよく使用する握り方。イースタンとウェスタンの間くらい。バックハンド(シングルハンド)、フォアハンドに適している。

ちなみに、グリップはその太さにも特徴があるんです。安定したストロークを生み出す太めのグリップ。繊細なテクニックを生かせる細めのグリップ。あなたがネットプレーヤーになりたいのか、ストロークプレーヤーになりたいのかでもどちらがおすすめかは異なってきます。

初心者の方は、どんなスタイルのテニスをしたいのかをイメージしてからグリップを選ぶと、そのスタイルに近道なのですよ。