×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テニス初心者のサーブ

テニス初心者は、サーブの打ち方から始めることをおすすめします。テニスでのゲームの最初のショット「サーブ」は、唯一プレイヤー同士が静止して行うため、スピード、パワー共にベストショットが打てればゲームの主導権を握ることのできる極めて重要なショットです。

しかし、むやみに力任せにボールを打っても、まともにコートに入りませんし、上達も難しいでしょう、決して冗談ではなく相手のコートにも届かないという事態になりかねません。さらに、手首、腕などを痛めてしまう危険性もありますので、ポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)を押さえて練習にして下さいね。

サーブを打つポイント

スピードのあるボールを打つために、ラケットのスイングスピードを上げる。
スイングスピードを上げるためには、ラケットの根元を振るのではなくて、肘から出すようにすると腕全体の力が手首をしならせて速いスイングスピードでボールを打つことができると素晴らしいです。

★できる限り高い打点でボールを打つ。
まずは相手プレイヤーと自分の間のネットをボールが越えなければ、ゲームが始まりません。練習の最初は、思ったよりこのネットを越すことが難関となります。できるだけ高くボールを放って高い地点でボールを打つことが目標となります、後は経験で上達するのがサーブです。何度も練習しかないですね。

★膝をしっかり曲げてボールを投げる。
膝をしっかり曲げるのは大事です。曲げた後に伸びあがって高い打点でボールを打つ事が目標。しっかり曲げないで打つ習慣をつけてしまうと上達しないですし安定しません。きちんと伸びあがり、ラケットを振って高い打点でボールを打ちましょう。勿論最初はマトモに入らないでしょうが、OKです。

膝をしっかり曲げた状態から伸びあがり、体全体を弓のようにしならせて、手首のスナップをきかせることで、スピード、パワー共に威力のあるショットを打つことができます。