×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テニスのガットが切れたら

テニスのガットとは、テニスラケットのフェイスに張られているナイロン、ポリエステル、ナチュラル(羊の腸)の材質でできている糸です。そのガットの寿命は、材質により異なるでしょうが、おおよそ3か月と言われています。

試合中にガットが切れてしまっても、原則としては、そのポイントが終了するまでは切れたラケットのままプレイしなくてはいけないというルールです。もし、自分のラケットのガットがゲームの重要な場面で切れてしまったら、本当に大変だと思います。日頃よりきちんとしたメンテナンス(状態を維持するためにも、定期的に行う必要がありますね)を行って、安心して良いショットを打てるように準備しましょう。

一般的にガットが切れてしまった場合は、専用のストリングマシーンという機械を使って自分で張る方法もありますが、スポーツ用品店で張り直しを頼んだほうが初心者には安全で確実です。


▼ガットの糸の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)
「ナイロン」
一番ポピュラーなガット。学生などにとっては値段も手頃で良い。
「ポリエステル」
耐久性に優れている。張り方によりボールの飛び方が変えられる。(柔らかく張ると良く飛ばせ、固く張るとスピン等の変化が付けられる)
「ナチュラル」
打球感が良く、耐久性がある。しかし、他の素材のものよりも高価。

ガットが切れていないからといって、長期間の使用はいつゲーム中に切れてしまうかわかりません。
そこで、3か月から6か月の間で、新しく張り替えると言ったメンテナンスが必要です。
張り替え時期としては、やはり気温による材質の伸縮を考慮して、低気温での伸縮が激しい冬を避け、秋、もしくは、春頃に張替をするのがいいかもしれません