×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テニス初心者のフォーム

A「初心者(始めのうちに正しい方法、知識を身に付けることが後々の成長に繋がるでしょう)のうちは、空振りでもいいからフォームを優先して練習をする方がいい。」
B「初心者(何事にも初めてということはありますが、とにかく素直に教えを請うのが一番でしょう)のうちは、フォームを気にせず、まずボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)にふれることだ。」

これはどっちも指導者の言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)です。これらはテニスに限らず色んなスポーツで聞かれる言葉ですね。Aの方が日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)的考え方ということができるでしょう。

ちなみに、Aの主張の理由は、自己流のフォームでは身体の一部分に負担がかかる場合があり、怪我をしやすくなったり、スピードのあるプレイが出来ない事があるからです。フォーム(プロのスポーツ選手の中には、オリジナリティ溢れる人もいますが、あまり真似しない方がいいですね)は一度身につけてしまうと、なかなか変えられないもの。

ですので、初心者(始めのうちに正しい方法、知識を身に付けることが後々の成長に繋がるでしょう)のうちにきちんとしたフォーム(間違ったままで覚えてしまうと、修正するのがとても大変です)を身につけておくのが後々あなたの為になるという考え方が元なりました。

ちなみに、初心者の方で、フォーム(スポーツをする時には、正しい姿勢を身に付けることが肝心でしょう)を身につけたいが、週に1度程しか練習出来ずなかなか身に付かないっていう人は、インターネットで動画でのフォーム(自己流で身につけようとすると、変な癖がついてしまいますから、指導者について教わったり、鏡や動画などでよくチェックしましょう)紹介をしているサイトがある為、平日にそれを見ながらイメージトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)をすることをお勧めします。

Bの主張の理由は、テニスはラリーが続かなくては面白くない、打つタイミングや距離感をつかむことが優先、と言う考え方になります。また、決められたフォーム(形や形式、書式などをいいます)に縛られないことで、自己流のプレイを身につけることが可能になっていますよ。

楽しむためにテニスを開始してたがなかなかフォーム(スポーツをする時には、正しい姿勢を身に付けることが肝心でしょう)が身に付かないという方は、少しリラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)してフォームにとらわれすぎなくてもよいのだと考えなおすことも一つの道だと言えとなっているのです。